女性の中で特に多いのが生理前にむくみやすいと言う症状です。
お腹周りがむくむようになるとスカートがきつくなったり、ズボンがきつくなることもあります。
生理前のむくみをスッキリと抑えられるようにしましょう。

生理前は体が水分を溜めこみやすくなる現象が起こりますから、基礎代謝を上げて水分を体外に排出させるような努力が必要になります。
体は水分の溜めこみすぎによってどうしてもむくみが出るようになってしまうのです。

また生理前には代謝が落ちやすくなっているので余計にむくむのです。
代謝の落ち込みと冷えなども関係しています。
まずは体をよく温めることをポイントにしてむくみ改善を図りましょう。
方法としてはお風呂で半身浴などを続けるなどがあります。
排卵日から生理前の期間は特にお風呂でゆっくりと過ごすようにして体を温めるようにしましょう。
体が温まると発汗して代謝がアップするのです。
これを続けていると生理前でも代謝が良い状態が続くので、水分を溜めこみにくくなるのです。

お風呂から出たら水分補給を必ず行いましょう。
むくみたくないからと言って水分を摂取しないでいるのは逆効果になります。
甘いジュースではなく、水やお茶を飲んで水分補給を確実に行いましょう。
糖分の過剰摂取はむくみを増やしてしまうのです。

代謝を上げてスッキリしたい方は無糖のもので水分補給するように心がけましょう。
このように生理前のむくみに効果的なのは体を温めて糖分を控えることなので、今からでも実践してみましょう。