むくみに悩んでいる方の中には、むくみが一体どのようなメカニズムで発生してしまうのか知らない人も多いようです。
むくみがどのような仕組で起こってしまうのかが分かればその解決方法も簡単に見つかるのです。
まずはむくみの基礎知識について頭に入れてみましょう。

そもそもむくみは座りっぱなしの姿勢、立ちっぱなしなど長時間同じ姿勢でいることによって血流が悪くなることが主な原因となります。
これと同じ理由で冷え性の方がむくみやすくなるのです。

また運動をしない人も血行が促進されませんから、当然血流が悪くなってむくみやすくなります。
食事の面でもむくみやすい人はミネラルやビタミン、タンパク質不足の人に多く見られます。
特に女性は生理がありますから女性ホルモンの影響で血管が広がるため尿の量が減り、生理前の体と比較すると水分を溜めこむ仕組みが生まれてどうしてもむくみが発生してしまうのです。

このむくみですが、一時的にむくむものと、慢性的に病気などが関与してむくむ場合と二種類に分けられます。
ほとんどの方が一時的なむくみで悩まされることが多いのですが、仕事上の都合で一日中机に座っていたり、接客業の方では一日中立ちっぱなしでいることにより1日中酷使した筋肉が疲れと汚れた血液を心臓に戻す力が弱まることがあるので、むくみが発生しやすくなるのです。
むくみの原因とは、このように主として筋ポンプ作用が正常にいかなくなることであると認識しましょう。